キャンプ目線で東京モーターショー2019行ってきた(有明エリア編)

会期終了間際ですが東京モーターショーに行ってきました。
今回はアウトドアブームの中各メーカがアウトドアライフに
どのような提案があるのか?目線で見てきたレポートをしまーす。

次のキャンプの相棒は果たしてあるんでしょうか?

SUVブームは今後も健在か?

近年一段落ついたというか、飽和したというかそろそろ頭打ち?
と言われ始めたSUVブームがモーターショーではどのように扱われていか?

結論からいうと各社アウトドアブームが車の販売を支える要素として
重要視していると感じました。

車を持たないで済む時代になったと言われて久しいのですが、
アウトドをする人にとっては海へ山へとアクティブに動くには
どうしても自分に合う相棒が欲しくなるもの。

積極的に車を所有することを選ぶ理由も持つ層としてマーケットが
しばらく持続するのはキャンパー達で、今後まだキャンプ人工の増加も
見込めるのでもうしばらく、アウトドア向けの車の開発は進むでしょうねぇ。

気になった新提案SUV

今回目についSUVをピックアップしていきます。

ジムニー、シエラ

もう説明不要ですが、やっぱりいい、、
ちっこいゲレンデw。マジマジみれたのは今日が初。

荷物の積載だけが気になるけどキャンプの時はルーブに乗せて対応。
デザイン、走破性、価格。もうこれ以上ない。
本気で次の車検での乗り換えを検討したい。。。

ホンダフリード

エルブレスに来たのかと思うくらいキャンパーに媚を売りまくる
潔いスタイルで来たのがこのホンダ・フリード。
7人のれてコンパクトただ値段が300円超えてくると少し微妙

三菱 ENGEL BERG(エンゲルベルク)


三菱のジュネーブモーターショーですでに発表されているコンセプト。
クロスオーバーSUV。
プラグインハイブリッドモデルとかモーター出力がどうとか言ってるけど
コンセプトカーだからどうでもいいです。どうせ仕様かわるし。
各社メーカーにいいたいけど、コンセプトモデルのスペックとか云々より
ユーザーが聞きたいのは

本当に売る気あるの?ってだけだと思う。
ただこの車シンプルにかっこいいし、次世代のSUVとして有りだと思うので
市販にこぎつけてほしい。

MI-TECHコンセプト

電気自動車SUV航続距離と出力が十分なら電気自動車SUVは魅力的。
キャンプ場での電源としても使えるし。
各社メーカーに期待。

三菱エクリプス

デリカD-5

顔がエグみを増したD-5、ベントレー的なダイヤモンドステッチのシート

レクサス

ムスッコが意外と食いついたレクサス。
この辺の高級お上品SUVってなんか汚したくないのでアウトドアに
向いているのか?と少々疑問に思うこと、

レクサスならまだしも、マセラティやらランボルギーニとか
どうかしら。お金持ちにならないとわからない世界

やっぱりほとばしる高級感

ブースのデザインは化石がコンセプト?
ややゲレンデヴァーゲンが発表されたときの琥珀に閉じ込められた
ゲレンデのアイデアパクった感じあり。

MAZDA MX-30

マツダも電気自動車を提案、MX-3の電気自動車バージョン。

デザインもアルファロメオ顔でいい。

中締め

有明エリアはこんなところ
次回青海エリアに続く

とにかく人が多くて死にそうでした。

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です