アンモカンストーブ自作目指せ1万以下で薪ストーブ その弐【買付】

シリーズ第二回目は、部材の仮調達です、イラストレーター上でのシミュレーションでは細かいところがわからないので実際に部材を購入してみます。

アルミテープ 297円(税込)

こちがら煙突の受けになるように購入した75φの金具、何用なのかは
さっぱりわかりませんが、こんな都合の良いものが手に入って
ちょっぴりラッキーです。

大きさもバランスもほろイメージ通り。
これは本採用です。

換気口 1235円(税込)

75ファイの風量調整月通気孔これはモノタロウの

こちらの一番小さいサイズがデザイン的にサイズ的にも良いのですが
値段が2000円を超えるため、泣く泣く断念。

遠近感で大きく見えるのありますが、ちょっと想定より大きいのですが、
しかたありません。

内掛け 195円(税込)

扉がパカパカするはずなのでこの金具は必須なのですが、
止受けをどうするかがかなり問題、相手が鉄板なのでネジ打つのもだるいし
そもそもネジで効くのかも疑問が湧いてきました。

金属加工DIYが初めてなだけに次々と問題に遭遇します。

丁番

これもサイズを間違えた感が、、それとまた問題が、、、

このように打つつもりだったのですが、本来丁番は180度の状態で止めるため
90度の状態では

ネジが干渉してしまうのと、フタ部分のステンレス板が厚さ1mm
だとすると、ネジが打てなくなることに気が付きました。

丁番の幅を大きくすると今度は通気孔と丁番が干渉してしまいます。
それと、ネジをいちいち打て行くの金属用のドリルを用意しないといけないので
費用がかさみます。
これは何かしらの改善策を検討しなければ。。。

ロウ付けに挑戦か?

丁番の固定や、諸々の接合にはやっぱり溶接が手っ取り早く感じてきましたが
溶接機だけでも10000円はくだらないので最終手段として他の方法を
考えホームセンターをうろつくと、

なにやらはんだ付け的な方法で金属を結合する方法があるじゃないですか?

これワンちゃんあるんじゃないですかね?これワンちゃんあるんじゃないですかね?

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です