冬キャンプのポータブル電源、電気毛布の使用可能時間の計算のしかた!

二月のふもとっぱらキャンプ場の二泊キャンプの準備をしているところですが
悩みが何個かあるので疑問を解決するためにいろいろと計算してみました。

冬キャンプの暖のとりかた

冬キャンプの最大の課題は言うまでもなく防寒対策です。
キャンプのブログをなにやら偉そうにしたためているワタクシですが
じつは電源サイト以外で冬キャンプはこれが初めて。

就寝以外の対策は焚き火さえあればなんとかなる

起きている間の対策はじつはたいした問題じゃないんですよね。
「いや、いきなりそんな無責任な話すんじゃない!」
と思った人ちょっとまってください。

ただでさえ月間1000PV行かない
弱小ブログを見て下さる貴重なかたにそんなしょーもない
情報を提供するためにこの記事かいてるんじゃないんですよ。

でも、ここ最近の暖冬のせいで起きている時間の22時くらいまでは
関東のキャンプ場では0度より下がること少ないんですよ
なので極論いうと厚着と焚き火で乗り越えられます。

問題は就寝時なんですよ。

ガッツリソロキャンプなら高性能な寝袋

【最大1,200円OFFクーポン配信中】ナンガ ダウンバッグ250STD (650FP) レギュラー DB-250STD-R DOWN BAG シュラフ 寝袋 NANGA
created by Rinker

なんかを買っちゃえばいいのですが、家族分ともなるとちょっと
躊躇せざる得ない出費となります。
そこでやはり最近話題のポータブル電源の導入を考え中

災害時やガジェット依存社会の必需品?
ポータブル電源

出典:アマゾン

去年の台風で浮き彫りになったガジェット依存社会の弱点、
電源を失ったときのワタクシたちの無力さは、スマホが無いときは
どうやって生きていたの?と、思わされるほど、GAFAに生殺与奪を
握られていることを実感させられました。

ポータブル電源はアウトドアの娯楽の便利アイテムというより
もはやライフラインのバックアップとして必需品と言わざるを得ません。

というプレゼンでご家族を説得できるはず。
キャンパーにとっては憧れの贅沢アイテムを円満に購入するチャンスです。

ポータブル電源は何を
基準に買えばいいの?

結論からいうと、何を何時間使うか?
の一言に尽きます。

もちろん容量が多ければ多いに越したことはないのですが
容量に比例してお値段も上がって行きます

容量の単位mahって?

ポータブル電源やモバイルバッテリーを買うとき必ず目にするのが
12000mahなどという数値です。

感覚的にスカウターで見る戦闘力の数値のように大きければ強い!
ってのはわかりますが、実際

53万がどのくらい強かったのかぼんやりと見過ごしてきた
私達には実際おおければ多い方がいいに違いない!
とまでしかわからないでしょう。

mah=ミリ(1/1000)アンペア(電流)アワー(時間)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これ見ただけでそっ閉じしそうになったあなた!
待って下さい!

ちょっとだけ我慢すれば、
自分に必要なバッテリをかんたんに選べます。

つまり、不必要に大容量のバッテリーを買ったり、
ケチって容量不足のバッテリーを買うことがなくなるんです。

安くても数万円するバッテリー失敗はできません。

実例で比較どっちを買うべき?

今回条件として、2泊の冬キャンプを設定、
スマートフォンの充電と就寝時の電気毛布の使用

一泊8時間✕2=16時間の電気毛布の使用をするとき買うべきは
どちらのポータブル電源かという検証です


こちらの2つの同メーカーから出ている容量違いのバッテリー

SmartTap ポータブル電源 PowerArQ
(626Wh/174,000mAh/3.6V/正弦波 100V 日本仕様)

SmartTap ポータブル電源 PowerArQ mini 
(311Wh / 86,400mAh / 3.6V / 正弦波)

容量も、値段もちょうど半分なので比較対象として検討

注目してほしいのは最初の数字の

626Whと311Whです、これを見ればだいたいどの
家電がどのくらい使えるかの目安になります。

Whとはワットアワーで○○Wの家電が一時間使えるんですよ
っていう意味なんです。

だから626Whのバッテリーで100wの家電を使うと
6時間ちょっと使える、
311Whのバッテリーは3時間ほど、

これでイメージしやすくなりませんか?

この電気毛布を使う場合

商品サイズ・仕様
・商品サイズ:縦 188cm × 横 130cm
・商品重量:約1.3kg
・定格電圧:100V
・定格消費電力:55W (50/60Hz)
・電気代(1時間あたり):弱 約0.09円、中 約0.49円、強 約0.83円 (50/60Hz 1kWh=27円で計算)・表面温度:弱 約20℃ / 中 約36℃ / 強 約52℃ (50/60Hz)
・生地:ポリエステル100%・付属品:取扱説明書、コントローラー

amazon

この定格消費電力:55wのところを見てください。
これが一時間あたりの消費電力なんです!

もうわかりますよね?

626Whのバッテリーなら626Wh÷55W=11.3h
WとWは約分されて消えてh=時間がのこり
つまりフルパワーで使うと11.3時間使える!

311Whの場合5.6時間

フルパワーで電気毛布を使うと絶対熱いので
この半分、フリーザでいう左手だけで戦った場合

この定格消費電力:27.5w

626 Wh÷27.5W=22.7h

311Wh÷27.5W=11.3h

となります。

つまり、二泊、一日8時間以上、不安なく電気毛布を
使いたい場合はやはり、miniではなく
SmartTap ポータブル電源 PowerArQ mini の方が
安心ということになります。

もちろん、十分に防寒の装備があって毛布の消費電力を
13Wにしぼり、サポート的な使い方で使えば
miniでも2日使えることになります。

まとめ

このように数字の意味をすこし理解すれば
自分にとって必要な容量のバッテリーを自分の判断で
選ぶことができるし、どの暗いの使い方をすれば
いいのかの基準をもつことができます。

ワット、アンペア、ミリなど理系的なワードに拒否反応を
起こさずポータブル電源の選択の参考にしてくれれば
幸いです。

最後まで読んでいただいきありがとうございます!

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です