【レビュー】ポータブル電源 SmartTap ポータブル電源 PowerArQ

2月末のふもとっぱらキャンプ場でのキャンプの準備を着々と進めている中
一番の目玉商品がやはりこちらのSmartTap ポータブル電源 PowerArQ

電気容量によって値段が倍違うのですが、2泊での電気毛布の使用プラス
諸々携帯やパソコンの充電を考え大容量の
626Wh/174,000mAh/3.6V/正弦波 100Vを購入しました。

電力計算の記事は下記参照
http://pepecamp.com/?p=1803

こちらのPowerArQは新型の軽量コンパクトの新型
ポータブル電源 PowerArQ2も発売されていますが

新型はUSB-Cの差し込み口とシガーソケット12Vの差し込み口に蓋が
ついていて、さらに接触型充電対応とさすがの進化を遂げているので
相当迷いましたが、こちらの電気容量が500whと容量に126Whの差と
旧型がセールで47000円で買えたので新型との差額10000円を考えるて
結局旧型の626whモデルを購入しました。

SmartTap PowerArQ概要

箱を開けると充電コードが何種類か、入っています。
大体どれか無くす、他のコードと紛れてどれかわからなくなるので
早めにラベルつけとうこうと思います。

正面に充電用の入力が上段に、下段にシガーソケットとUSBポートが3つ
AC100Vが1つと必要十分というか、シガーソケットはきっと
使うことはないでしょうなぁ。

背面にはだいぶチープな電灯がついています、新型の電灯はもっと
おしゃれで光量もあり、照域も広いので羨ましいです。

ちょっと微妙なライトですが緊急用としてはまぁ十分かしら。。

そして思っていたよりもチープなプラスチック感があり灯油のポリタンクの
ような触り心地にはちょっとしたがっかり感は否定できませんん。

ちょうどこれと同じ質感です。
ただデザインとこのアーミーな色はとても気に入っているので
所有欲はしっかりと満たしてくれます。

これでいつ停電が来てもどんと来いです。
今年は災害の少ない年であってほしいですねぇ。。。

実際電気毛布を試してみて

電気毛布はこちらを購入

それでは試してみます!

1泊目

100%充電から

毛布の設定を弱に設定し、22:00から朝の7:00までの9時間の使用
毛布の使用感としてはじんわりと暖かく地面からの冷たさは
何とか凌げそうな感じです。

9時間後の朝、なんと79%も残っています!これは暁光!
このとき初めて気がついたのですが、消費電力も表示されるんですね。
おぉこれなら十分2泊いけるやん!

2泊目

ここで実戦を想定して一度iPhoneを充電してみたので2%減っての77%からの
2泊目のスタート1泊目と同じ条件で9時間使用

バッテリー残量39%!
おめでとう生き残りました!

これならば寒さに応じてもう少し温度を上げても良さそうですが、
どうやらリチュウムバッテリーは寒さに弱いらしく、
寒い中どれほど性能を維持してくれるかがまだ未知数なところもありますが
バッテリー自体を湯たんぽなどで保温すれば大丈夫という記事を読んだので

こちらの湯たんぽを駆使して見ようと思います。
正直ここまでするとなんのために冬キャンプをしたいのか
わからなくなって来ますが。。。。

まとめ

正直計算通りの結果に非常に満足しています。
去年の夏休みキャンプ中に仕事の連絡が来てマックブックをトイレの
電源で充電しながら作業した時からずーとモバイル電源がほしかったのですが
電源サイトはどうしても狭かったり、景色の悪い区画サイトだったり
人気で予約がすぐ埋まるなど色々とネガティブなところもあったのですが
もうこれでその縛りもなくなりました。

これで携帯やパソコンの電源の心配もせず冬は電気毛布が使え、
災害時にの安心材料にもなり一家に一台あってもいい装備だと思います。

安くはない買い物ですがもし購入を検討されてるとしたら
買って後悔は本当にしないと思います。ワタクシはかなり満足してます。

でもそうなると次はこれが欲しくなるんだよなぁ。

まさに沼(カイジの画像略)

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です